<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

助産師というお仕事 1


忘れないうちに、まずは出産について書き留めておこう。

みんなが普通にできていること、たぶん私もできるはず。
普通にしてれば、普通に産めるよね。。。

はい。たぶん、普通に産めたと思います。
破水して入院から、こ☆なすび誕生まで、12時間。
思ったより冷静でした。
いや〜しかし、しんどかった。
みんな死ぬほど痛いっていうから、どんなに痛いのやらと思ったけれど
私は痛かったよりしんどかった・・・
永遠に終わらないんじゃないかと思ったよ。

そんな12時間をともにしてくれた、助産師さん。
担当の1人の他、新生児室からのお勉強の人1人と途中介助1人の合わせて3人。(スゴイ)
アクティブ・バースということで、好きな格好していていいと、
私の脚をずっーーーと肩にのせてくれていた助産師さん。
「もう、がんばれないかもしれない・・・」
途中3回だけ、弱気になって言ってみたけれど、
「大丈夫よ〜」と聞き流してくれた助産師さん。

私を担当してくれた助産師さんは、
クールなベテラン。な感じのかただった。
きびきびと、優しすぎず厳しすぎずの言葉をかけてくれて
とても頼りになりました。
無事、こなすびが出てきてくれたあと
お礼を言った私に「お産は底力ですから☆」
そう言ってくれたのが印象的でした。
そして、名前を忘れてしまったと尋ねたら、
「私の名前は、母子手帳に載りますから」
そういった彼女に助産師としてのプライドを感じた。

普段身近にいながらにして、あまり知らなかった助産師というお仕事。
とても、誇り高きお仕事でした。
[PR]
by Fur_Elise | 2006-03-20 15:07 | こ☆なすび

両手に花?!


e0004295_9415417.jpg


産科で一緒だったお友達とベビーべッドに3人横並び☆
ああ、可愛い〜〜〜♪みんな生後1ヶ月ほど。
こ☆なすびばっかり見て過ごしていたけど、
みんな、それぞれ個性的で可愛いくて、面白い。

ママ友達ができたらいいかなぁと妊娠中に参加した母親学級では
・ ・ ・(-_-) な気分を味わった私だったけれど、
出産前にちょっとだけ入院したときに同室だった彼女たちとは
なんだか波長が合い、仲良くなった。
そんな彼女たちと、1ヶ月ぶりに再会。
みんな毎日悩んで失敗しながら、笑いとばして過ごしてました。
あれこれ心配して煮詰まっていた私には、とっても有意義な1日になりました。
[PR]
by Fur_Elise | 2006-03-10 09:51 | こ☆なすび